小田美恵子の秋田県議会報告
No.18 2003年6月10日発行
 
臨時県議会から
■5月13日から14日にかけて臨時県議会が招集されました。審議内容をご報告いたします。
◎13日には、議長、副議長が選出され、各常任委員会の構成も決まりました。
【議 長】 鈴木 洋一氏(自民党)
【副議長】 穂積 志氏(みらい21)
【総務企画】 ◎小田美恵子(自民党)、○杉江宗祐氏(みらい21)、鈴木洋一氏、佐藤健一郎氏、大野忠右ェ門氏(自民党)、三浦英一氏(みらい21)、工藤嘉左衛門氏(新生会)、加成義臣氏(社民党・新しい風)
【福祉環境】 ◎石田 寛氏(社民党・新しい風)、○金谷信栄氏、安杖正義氏、鶴田有司氏(自民党)、土谷勝悦氏(みらい21)、木村友勝氏(新生会)、高松和夫氏(民主党・無所属ク)、田口 聡氏(公明党)
【農林水産】 ◎武田英文氏(自民党)、○瀬田川英一氏(みらい21)、藤原俊久氏、柴田正敏氏(自民党)、穂積 志氏(みらい21)、加藤義康氏(新生会)、宮腰 誠氏(社民党・新しい風)、佐藤次男氏(民主党・無所属ク)
【商工労働】 ◎安藤 豊氏(みらい21)、○原 盛一氏、北林康司氏、津谷永光氏(自民党)、中田 潤氏(みらい21)、渋谷正敏氏(新生会)、佐々木長秀氏(社民党・新しい風)、淡路定明氏(民主党・無所属ク)
【建  設】 ◎大関 衛氏(自民党)、○小田嶋伝一氏(民主党・無所属ク)、中泉松之助氏、平山晴彦氏(自民党)、長谷部 誠氏(みらい21)、菅原 昇氏(新生会)、京野公子氏(いぶき)、山内梅良氏(共産党)
【教育公安】 ◎川口 一氏(新生会)、○冨樫博之氏、北林照助氏、辻 久男氏(自民党)、菅原龍典氏、渡部英治氏(みらい21)、こだま祥子氏(社民党・新しい風)、門脇光浩氏(いぶき)
【議会運営】 ◎佐藤健一郎氏(自民党)、○土谷勝悦氏(みらい21)、安杖正義氏、原 盛一氏、大関 衛氏、柴田正敏氏(自民党)、安藤 豊氏(みらい21)、木村友勝氏、渋谷正敏氏(新生会)、加成義臣氏(社民党・新しい風)
(◎は委員長、○は副委員長)
◎14日には、各委員長報告ついで議会選出監査委員も選出されました。
【監査委員】 安杖正義氏(自民党) 菅原龍典氏(みらい21)
県税条例の一部改正案と交通事故の和解案  7件
平成14年度一般会計補正予算などの専決処分 8件
      計16件を原案通り可決・承認して閉会

当該委員会から
総務企画委員会に付託された案件は県税条例一部改正案と補正専決処分2件、他1件の計4件でした。

専決処分については
  報告3号 道路除雪費等の増額
  報告4号 財源補正、事業費の確定による減額、財政調整基金への積立金によるものです。
 専決処分による一般会計補正予算額    44億3,352万円の減額
 平成14年度の予算総額        7,432億4,001万円

報告7号
 地方税等の一部を改正する法律の一部が4月1日から施行されることに伴い、
 1.平成16年度分から平成20年度分までの個人県民税の上場株式等の譲渡に係る譲渡所得等に対する課税の特例
 2.自動車取得税の低公害車に対する課税の特例
 以上の所要の改正を行うため専決処分

 議案143号は地方税法の一部を改正する法律の施行に伴い、県たばこ税の税率を引き上げる等所要の改正を行うもの。

 7月1日施行       1,000本につき969円(現行868円)
        3級たばこは1,000本につき461円(現行413円)になります。

●また産廃税の件について、産業廃棄物税条例の新設に係る総務大臣の同意について口頭で報告がありました。
●職員の不祥事の陳謝があり、委員から厳しい意見がありました。

私の発言から
 総務企画委員会は二部四局十二課三室一チームを所管する大きな委員会であり、各委員の皆様当局の皆様がそれぞれの司、司で持てる力を発揮し、より活発な審議を通じて一人でも多くの県民の皆様がしあわせを実感できる県政をめざして進んでいきたい。ご協力を切にお願いしたい。

2月定例県議会から
■平成15年2月定例県議会は2月10日から3月6日までの25日間の日程で開かれました。
◎平成14年度一般会計補正予算
  緊急経済対策関連事業
  国庫支出金の確定見込み及び県単独事業の実績見込み
158億175万円  
145億797万円減額
◎平成15年度秋田県一般会計予算 重点配分施策
  1.経済・雇用対策
  2.男女共同参画社会づくり
  3.新社会資本の整備
  一般会計当初予算額  7,200億6,300万円
◎議会提出議案
  ○秋田の農林水産業と農山漁村を元気づける条例
◎意 見 書
  ○イラク問題の平和的解決への貢献を求める意見書
  ○国から地方への税源移譲等を求める意見書
  ○医療費3割自己負担の実施凍結を求める意見書
  ○WHO農業交渉における我が国の主張の強力な展開を求める意見書
  ○高速道路の整備等に関する意見書
  ○「環境教育・学習推進法(仮称)」の早期制定を求める意見書
◎請 願(採択された件)
  ○被用者保険3割自己負担の実施凍結について(第66号)
  ○被用者保険3割自己負担の実施凍結について(第67号)
◎当初予算の主な事業
  ○雇用創出
  ○安全・安心な「あきたブランド」の確立
  ○少人数学習の推進
  ○分権型社会の構築
  ○マーケティングカの強化
  ○安全・安心な子育て支援
  ○国際教養大学の設置
21億1,592万円
4,004万円
11億9,585万円
1億1,839万円
1億 633万円
10億4,786万円
15億2,448万円

 小田美恵子の県議会報告「ゆきわり草」/Copyright 2003 mieko oda.