小田美恵子の秋田県議会報告
No.39 2010年7月14日発行

2010年度 一般会計当初予算 

◎歳  入  一般会計当初予算 6,281億円
依存財源 57.7%
自主財源 42.3%
2年連続 積極予算
税収は前年比33億円減
総額 786億円

但し、国の地方財政対策により地方交付税が1兆1千万円増額されたことにより本県の地方交付税(1,858億円)は前年度1.8%、33億円の増となり結果的に穴埋めされた。
◎歳  出
2010年重点施策に696億円をあてている。その他主な県の2010年度当初予算案の新規拡充事業。
 2010年度末の国と地方の借金を合わせた長期債務残高09年度37兆円増の862兆円と過去最大となり、国内総生産(GDP)の181%になる見込みと言われる。国民一人当たり675万円の債務となる。
 財政基盤の弱い地方に生きる私達は、国の動向を注視していかなければならない。


2010年度 一般会計歳入予算額
歳  入

6,281億
1,300万円
依存財源

57.7%
国庫支出金 621億6,581万円 9.9%
地方交付税 1,858億3,600万円 29.5%
地方贈与税 142億5,000万円 2.3%
地方特例交付金 11億9,300万円 0.2%
交通安全対策特別交付金 4億5,600万円 0.1%
県債 985億2,710万円 15.7%
自主財源

42.3%
県税 786億2,600万円 12.5%
地方消費税精算金 196億4,300万円 3.1%
分担金及び負担金 42億9,910万円 0.7%
使用料及び手数料 61億9,743万円 1.0%
財産収入 11億3,076万円 0.2%
寄付金 800万円 0.0%
繰入金 262億4,799万円 4.2%
諸収入 1,295億3,728万円 20.6%

2010年度 一般会計歳出予算額
歳  出

6,281億
1,300万円
義務的経費

41.2%
人件費 1,534億5,857万円 24.4%
公債費 987億9,918万円 15.7%
投資的経費

15.9%
扶助費 68億5万円 1.1%
補助投資事業費 437億6,741万円 7.0%
単独投資事業費 403億8,347万円 6.4%
補助災害復旧事業費 47億6,277万円 0.7%
単独災害復旧事業費 3億5,957万円 0.1%
国直轄事業負担金 105億7,979万円 1.7%
その他

42.9%
物件費 195億1,784万円 3.1%
その他の行政経費 2,430億5,764万円 38.7%
維持修繕費 24億308万円 0.4%
繰出金 42億2,358万円 0.7%



2010年度県重点施策

1 ふるさと秋田元気創造プラン 203億7,300万円
@元気A 秋田に新たな“戦略産業を創出”する  85億円
A元気B 秋田の“食・農・観”を丸ごと売り出す  23億円
B元気C 県民が一丸となって“脱少子化秋田”を果たす  96億円
C元気D 高齢化社会に対応した“安心医療秋田”、“協働社会秋田”をつくる  54億円

2 スポーツ・教育・文化でつくる元気な秋田 74億円

3 県と市町村の協働の推進 55億円

4 経済・雇用対策 732億円



県の2010年度当初予算の新規・拡充事業

新たな戦略産業をつくる
新エネルギー産業創出へ会議や実証実験を行う 1億488万円
太陽光発電、バイオエタノールなどの普及を促進する促進する 1億5,108万円
次世代自動車などの産業参入へ取り組む 2,598万円
電子産業など中核企業の育成へ支援する 1億1,601万円
経済交流へロシアにサポートセンター設置 1,939万円

秋田の食・農業・観光を売り出す
フグやハタハタ、サケの消費拡大を支援する 1,492万円
国やコメ政策転換で独自の支援を行う 5億円
クマ誕生などに備え男鹿水族館リニューアル 3,580万円
農業関連の新ビジネスを支援する 1,941万円
秋田の食品などをカタログで通信販売 1,809万円

脱少子化を民間と協力して進める
少子化対策へ基金を造成し民間を支援する 2億266万円
退職した母親の再雇用を支援する 1,415万円
病院内保育所の運営を補助する 2,848万円
不妊治療の費用などを助成する 2億7,050万円

高齢化社会に対応した環境を整備する
バランスの取れた食生活へ県民運動を展開する 1,077万円
自殺予防へNPO、市町村と協力して対策を進める 1億50万円
がん検診の受診率アップへ取り組む 4,277万円
医師確保へ寄付講座や手当て制度をつくる 5億8,260万円
県内各病院の周産期医療をサポートする 3億2,530万円
農山漁村の資源を生かしたビジネスを育てる 9,556万円
中山間地域の高齢者を支援する取り組みに助成する 573万円

スポーツ、教育、文化を振興する
スポーツ選手の育成へ奨学金やプログラムをつくる 2億8,372万円
若手アーティストや芸術文化活動を支援する 2,318万円

県と市町村との協働を進める
観光、下水道などの機能合体を進める 1,437万円

経済・雇用対策を進める
新規高卒者の県内就職に向け研修制度を整備する 7,764万円
消費の下支えへ住宅リフォームを進める 12億7,681万円



6月定例県議会

◎2010年度一般会計補正予算
 補正後の総額 
45億4,167万円
6,326億5,467万円

【主な事業】

 ○経済雇用対策費
 ○登記国体関係経費
 ○大館能代空港の利用促進対策費


32億6,579万円
1億958万円
3,869万円

【条 例】
○県立高校設置条例の改正
・米内沢高、鷹巣農林高、鷹巣高、合川高を統合して秋田北鷹高を来年4月に設置。
・湯沢北高、湯沢商工高を統合して湯沢翔北高を来年4月に設置。
(詳しくは事務所までお問い合せ下さい)

 小田美恵子の県議会報告「ゆきわり草」/Copyright 1999-2010 mieko oda All rights reserved.