31歳男、相手が好きそうな話題について勉強をした

私は30代のフリーランスとして働いており、仕事を通じていろいろな人と会う機会があります。
そういったときにやっぱりある程度打ち解けるということを意識しているのですが、私が使っているテクニックとしてはいろいろな話題について勉強をするということです。
共通の話題があれば、どんな人とも仲良くなることができると思っていて、そういった部分を実践しているのです。
ただ、一緒に仕事をする人間がどういうことに関心を持っているのか?正確に事前に調べることは難しいですし、調べられたとしてもマニアックな趣味の場合には対処が難しいです。
そこでカバー範囲が広いであろう趣味について詳しくなっておくということを考えました。
私が特に意識したのはゴルフと麻雀で、男性と仕事をすることが多かったのですが、社会人の男性であれば、この2つのうちどちらかは好きな可能性が高いと考えたからです。
私はもともと野球が好きで、野球に関しては話題が豊富だったので、その野球と合わせて、ゴルフ、麻雀に詳しくなれば、ほぼすべての人と打ち解けられるのではないか?と思いました。
実際、こういった話題を身に付けたうえで、いろいろな人と会うと結構会話がはずみます。
したがって、人と仲良くなる方法として、こういった手段を選んだのはよかったなと思います。
野球、ゴルフ、麻雀のどれか1つでも好きな人ばかりだったので、かなり効率的な手段をとれたと思っています。
後悔している面があるとすれば、野球は元から好きだからいいものの、ゴルフと麻雀は自分なりに勉強をしても、たいして好きにならなかったということです。
多少は興味がわきましたけど、実際にゴルフや麻雀をやるということはほぼないですし、こういった手段をとったことに意味がなかったわけではなかったものの、たいして興味はないので、話していても楽しい感じはしません。
単に打ち解けやすいというメリットが生じているだけであり、ゴルフや麻雀について語っていても面白いという気持ちはないのです。
こういう方法で人と仲良くなるというのは効果はありますけど、やっている本人からすると苦痛もあるというのはアドバイスとして言っておきたいと思います。