46歳 女 自分を必要としてくれるのであれば、全力で接したいです

40代の主婦です。
私は、とにかく突き進む我の強いタイプで、自分がしたいように事を進めてきたように思います。自分がやりたい事があれば、あまり周りの事など気にしないで物事を進めてきていました。もちろん自分なりに節度を持って行動していたつもりだったので、周りを巻き込むような行動はしないようには、心がけていました。
しかし、自分の事であれば大丈夫と、思っていましたが、常に誰かが、私を気遣ってくれ、私の周りには優しくしてくれる人が多くいたように思います。
私の背中を押してくれる人や、私に注意する人、怒る人、興味を持ってくれる人、心配してくれる人、そんなたくさんの人のおかげで、私は、自分の人生を考えたり、前に進めたように思います。
私は、いつも発信側のタイプでしたが、話を聞いてくれたり、エールをくれる友人達にとても支えられていると感じました。自分が感謝したり、助けられたと感じた時は、常に感謝している事を伝えるようにしています。
多分、考えるよりも行動してしまうタイプなので、結果、失礼な事をしてしまった、と感じたらすぐに謝るようにもしています。
裏表といった事を考えると、どうしていいか分からなくなってしまうので、正面からぶつかると、周りが私を扱うコツを掴んでくれていたように思います。
しかし、自分に関わってくれた人達に対しては、嘘はつかないように心がけてきました。
子供を育てるようになり、サポート側に回る事もたくさんありますが、子供達にも嘘はつかないように心がけています。そして、自分はきちんと向き合うつもりがあるという姿勢は持ち続けるようにしています。
悩んだ時は悩んでいると、何か手助けできそうな時はその姿勢を、無理な時は、きちんと説明するようにしています。この人は、こういう人だ、とか、こういう風にしたいと思っている、でも、悩んでいる、準備をしている、といった過程も必要であれば伝える努力は惜しまないようにしています。
人に優しくされてきた分、誰かが願うなら、自分も何かできる事があるのであれば、全力で接していきたいと思っています。そして、それがコツなのかな?と思っています。